野外フェスやキャンプ、イベントに大活躍! TO&FROのコインパースで快適なお出かけを!

2021.05.29

こんにちは。私は現在2歳の子育てをしながらフリーランスで活動しています。

音楽、旅、フェス好きが高じて、過去にはアーティストをゲストに呼ぶラジオ音楽番組やラジオレポーターを担当したり、カナダ観光局の旅レポーターをさせて頂いたりと、「Life is a festival」をモットーに過ごしておりました。子育てをする今も「旅育」を意識し、生活をしています。

さて、そこで子育て中でも、旅やおでかけでも一番大切なのは「荷物が軽量であること」だと思っています。今回は、TO&FROのわずか19gのコインパースを持って、静岡県御殿場市の「富士山樹空の森」で行われた「ACO CHiLL CAMP 2021」に参加した様子をレポートします!

いざ富士山のお膝元「ACO CHiLL CAMP 2021」へ

去年から今年にかけて、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、軒並みイベントや野外フェスがキャンセルになり、寂しい思いもしていましたが、このACO CHiLL CAMPは例年より観客動員数を減らし、コロナ禍のイベントガイドラインに則った運営がされていて、安心して過ごすことができました。

当日は快晴!

HYやPUFFYといったライブはもちろん、NHKに「だいすけお兄さん」として出演していた横山だいすけさんのライブや、「ぼる塾」によるお笑いステージ、出演アーティストによる子ども向け楽器作りのワークショップが開催されていました。

さらにはウクレレ教室、サッカー元日本代表によるサッカー教室やトークショー、御殿場ウイスキー蒸留所の試飲など、本当に盛りだくさんの内容です。

このACO CHiLL CAMPはステージも2つのみで公園内で開催されるため、全体的にゆったりとした時間を過ごせる、子連れにも優しいフェスだと言われています。

サイズ感、機能性、共に言うことなし!

フェスといえばやはりフェス飯。窯焼きピザからご当地そば、地元お肉やさんのステーキなど、この地でしか楽しめないものばかり!快晴の空の下で食べるフェス飯は格別です。

フェスでご飯を買う時は、行列になっている場合もあるので、さっと出せて、さっとしまえる、持ち運び便利なお財布が必須です。

それで、今回使用したTO&FROのコインパース。女性の私の手のひらにすっぽりと収まるサイズで、わずか19g。ダークネイビー、ダークブラウン、そしてブラックの3色展開です。私はダークブラウンを持っているのですが、とってもおしゃれです。

ちなみに、素材はポリエステル・ナイロン混のマイクロファイバーを使用。ニット生地でありながらスエード調になっていて高級感があります。だから本革よりも軽いんですね!経年変化も楽しめるそうで、この先どのように味が出ていくか、楽しみです。

急な雨の心配もある野外のキャンプやフェスでも嬉しい撥水機能つき!これで無敵の小物です。

コインだけではない!ICカード入れも優秀!

こんなに軽くて便利なのに、私が特に気にいったのは、裏側のポケットのICカード入れ。カードを収納すると、ギリギリ頭が出ないようになっていて、紛失や盗難防止も考えられています。写真ではICカードが出ていますが、もちろん中までしっかり押し込めます!

今まで手帳型の携帯ケースのカード入れにICカードを入れていて、何回紛失したことか(笑)。これは嬉しいですよね。本当に優れものです。

キャッシュレス時代にも嬉しい!一つで何役も。

今回参加したフェスでもそうでしたが、コロナのこともあり、キャッシュレス決済を勧めていて、各店舗はなるべく現金でのやり取りを減らそうとしているようでした。

このフェスでは飲食店全店舗で交通系ICカード決済が出来たので、「ピッ!」とするだけで。もちろんカードは収納したまま読み込み可能です。子どもを抱っこしながら財布からお金を出して……なんてとても手間です。特に子連れフェスやキャンプではいかに荷物を少なくして有能なギアがあるかが勝負だと思っています。

この先ますます街中でもキャッシュレス決済が進んでいくのではないかと思います。そんな時にもとても便利なコインパースです。

一目で見やすいコイン入れ。中には偶然….?

ボタンを開けると、蓋が大きく開き、一目でパッと見やすい仕様。しかもこのコイン入れのサイズ、お札を二つ折りしたサイズぴったり一緒なんです!

なので、私はコインの下に1000円札を2枚入れていました。現金とICカードでお金の心配はなく十分1日過ごすことができました。これには計算されているのかな?さすがTO&FRO!なんて思ってしまいました。

子連れフェスでも楽々快適!

こうして、TO&FROのコインパースはもっと早く使えばよかった〜なんて思って今でも手放せない存在に。

私はこのように文庫本が入るサイズの斜めカバンに除菌シートと携帯電話、そしてこのコインパースを持って移動していました。小さなカバンでもすっぽり収まります。

フェスはたくさん歩いたり、動きも多いので荷物が重かったり大きかったりは疲れます。この機能性が高いコインパースの存在はとても楽でした。何度も「お財布、持ってるかな?」と確認するほど(笑)

カバンでなくてもポケットにもすっぽり入るサイズなので、普段使いにもぴったりです。本当にこのコインパースを持っていてよかった〜と何度も思いました。

富士山が目の前の公園

画像7

今回、ACO CHiLL CAMP2021が行われたのは静岡県御殿場市の「富士山樹空の森」。国内最大級の富士山テーマパークとなっていて、富士山情報の発信基地であり、園内には楽しく富士山を学ぶ「天空シアター」や、ちびっこたちが遊ぶ「冒険の丘」、四季折々のお花が楽しめる散策コースや森などが無料で遊べる公園です。

斜面を勢いよく滑り降りる「ローラースライダー」やトランポリンのように飛び跳ねて遊ぶ「ピョンピョンランド」など子どもたちが元気に遊べる遊具もたくさんあります。

そして嬉しいのが、この公園内に富士山を見ながら温泉に入れる「御胎内温泉」。ここは、富士山のふもとで湧き出た温泉です。

私はちょうど温泉に浸かっている時にトリを務めるアーティストのライブが聴こえてきました。ヒノキでできた露天風呂・富士ヒノキの湯で音楽をゆっくり聞きながら温泉も堪能するなんて。夢のようなゆったりとした時間で、とても癒されました。ちなみに、泉質はアルカリ性単純温泉で泉温は35.9℃、富士の溶岩石で作られた洞窟風呂までありますよ。

我が家はこの公園に隣接するオートキャンプ場で一泊し、翌日フェスを楽しみました。大自然の中で深呼吸。久々にのんびり自然の中で過ごした気がします。

一緒にお出かけしたTO&FROのコインパース。今回のように身軽さが必須のフェスやキャンプ、普段のお出かけはもちろんですし、ビジネスパーソンなど、どんな人にとっても強い味方になってくれることでしょう。私自身、フェスが終わっても快適さが忘れられず、毎日愛用しています。

✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈

▼今回ご紹介した商品の詳細は下記からご覧ください。
COIN PURSE
▼株式会社SAGOJO https://www.sagojo.link/
▼TO&FROの認定トラベラーに関しては、こちらをご覧ください。

✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈

Editor:五月女菜穂

TO&FRO 認定トラベラー

TO&FRO 認定トラベラー

旅人によるTO&FROファンの集い「TO&FRO認定トラベラー」
旅人プラットフォームsagojoとの共同発足。旅をしながらTO&FRO商品をありのままにご紹介します。

“アウトドア=大荷物”はもう古い!?軽量&コンパクトなピクニックシートで楽しむ「大人の週末 」

2021.05.21

リンク